オツカワバロス

1995/4/14- 北海道出身 デザイナー見習い

 主にTwitterやFacebookといったソーシャルメディアを中心に活動。放送やアニメ、鉄道など非常に多彩な趣味を持つ。

 彼の表現は非常に独特で、極端に理解しにくいことが多い。そのため、一部から「寒中水泳の人」などと揶揄されている。しかし、それに便乗して自身のブランド確立を目指す姿は、一種の狂気に似た雰囲気を演出している。
 左耳の難聴や自閉症スペクトラムといった障害を抱えているが、これを「障害」と捉えず、「アイデンティティ」であることを超え、「プレミアムなもの」「最高の贅沢」であると捉える姿勢を通して、障害に対してのポジティヴ・シンキングを推進している。

 2010年頃、ネット上にて自らがゲイであることをカミングアウト。ホモフォビア(同性愛嫌悪主義)の撲滅と日本国内における同性婚の合法化を呼び掛ける。彼氏募集中。
 また、子宮・腟移植手術によって男性・女性両方の性器を後天的に持ち合わせさせる「後天的人工両性具有(人工ふたなり)」の実用化および自身への手術実現を訴求する発言も多く残している。

 文章やデザインなどの新しい表現技法を追求するため、2014年4月から2018年3月まで江別市内の某大学に通いながら修行していたが、卒業までの就職に失敗。現在は、北海道某所にて東京進出のため求職活動中。

Works
こちらをご覧ください